通信制高校は学費が安いです

東京なら生徒側にとって都合がいい学校が選びやすくなっている

つまり東京でなら、通信制であったとしても入学先となる学校の数が多いので、生徒側にとって都合がいい学校が選びやすくなっているのです。
生活面での事情から、どうしてもこの地域の範囲内にある学校でなければ通信制であったとしても入学が難しいという場合でも、東京でなら入学先が見つかりやすいものと認識しておいてください。
僕も通信制高校に2年前まで通っていた元生徒のひとりです。
家業を継ぐために10代の頃から仕事の下積みを始めたのはいいのですが、最終学歴が中卒では今後の人生で何かと不都合が生じるのではないかと、家族から入学を勧められたのが都内にある通信制の普通科がある高校だったからです。
最初は自分で学費を出すつもりだったので色々と調べたのですが、同じ高校でも全日制と通信制とでは、学費が驚くくらいに違ったので昼間に高校へ普通に通うには相当なお金が必要なのだということが知られたと言えるでしょう。
同時にこんなにお金を無駄にするなら、通信制のほうが絶対にいいと感じた情報だったとも言えます。

自由に勉強ができるようになっているというのが魅力 / 東京なら生徒側にとって都合がいい学校が選びやすくなっている / 勉強内容が難しいことも映像での授業が分からないこともなかった